神戸市須磨区板宿 講座

定期講座 料理のひみつ

投稿日: 2016年 05月 14日

とうとう始まりました。第一回目の定期講座開講日です。ほぼ宣伝ができていない事もあり、受講されるのは1名さまです。

定刻午前10時より少し前にNさんがお見えになりました。講師はやかちゃん,張り切って参りましょう!!

@IMG_0023

今日のお題は『すしのひみつ』

”飾り巻きずし”なるものを実習で作り,30分ほど寝かせている間に講義をする段取りのようです。

すし飯,サーモンの昆布締めなどはやかちゃんが家で準備済みです。出汁巻きたまごの薄焼きと厚焼きを作り始めました。筆者兼カメラマンのぴかも知りませんでしたが,たまごと出汁の溶き方で白身と黄身がきれいに混ざるのだそうです。僕のやり方は,まずたまごを混ぜて出し汁をいれますが,これだと白身と黄身が分離して,白い部分と黄色の部分ができてしまいます。やかちゃんによると,まず器に出し汁を入れ,その上に黄身をつぶさないようにたまごを割り入れます。白身と黄身の間にある”濃厚卵白”を箸で突き,まず白身と出し汁を混ぜ合わせ,その後で黄身を割って混ぜるのです。そうすると,白身と黄身が分離せずにきれいに混ざりました。Nさんもご存知なかったようで,「今日はこれだけで来た甲斐があった」と喜んでおられました。実習”飾り巻きずし”作りは写真でどーぞ。

IMG_0038 IMG_0070 IMG_0086 IMG_0087

”飾り巻きずし”をラップで包んで出来上がり。寝かせている間に講義が始まりました。おすしについての歴史などをクイズ形式で説明していきます。ちゃんとプレゼンデータを作ってきていて,ちょっとビックリ。プロジェクターが役に立っているではありませんか!

IMG_0095 IMG_0110 IMG_0115

クイズ形式って、結構楽しいですね。本来影の存在のはずのぴかにも、時々クイズの答えを振ってきます。影の存在やけど、たまに正解するとちょい嬉しい。今日の講座予定を無事終了し、続きは次回のテロップ。良く出来たプレゼンでした。時間も予定の1時間30分ぴったし。と思ったけど、飾り巻き寿司を今から試食する時間はオーバーするぞ。まっえーか。アバウトアバウト

IMG_0159

飾り巻き寿司を切ってみると、やかちゃんよりNさんの方がキレイに巻けてます。口ほどにも無い奴め! うそ、冗談、やかちゃんも凄いぞ!!?

IMG_0162 IMG_0165 IMG_0171

ぴかもご相伴にあずかり、美味しくいただきました。

総評です。

全く贔屓目ではありません。思っていたより、かなり面白い講座でした。また次も聞きたいと思いました。これなら他の講座も期待できるかもです。みなさま、乞うご期待!